Back
Process
建築相談と設計費の話
1.土地探しから相談にのる理由  建物を建てる際、周辺環境が大きく影響するからです。
 良い土地はなかなか見つからないのが現状ですが、不利な条件の土地でもプランを工夫すれば
 納得のいく暮らしができますし、狭小地や変形敷地など逆に面白い建物が建つ可能性があります。
 その判断は一般の方には難しいからです。
 
迷わずご相談下さい。
 2.効率的に計画を進めるには  建物プラン的なこと 
 家を建てるとき大事なことは、ご自分達のライフスタイルを見つめ、どの様な家に住みたいのか、
 どのような暮し方をしたいのか考えることです。

 と言ってもなかなか難しいものですが、例えば建築雑誌のこんなところが好きとか言葉ではなかなか
 現せないので写真等を見てイメージ造りをすることです。
 そしてそれをファイルすることによってこんな家に住みたいのだと自覚することです。
 そして相談の時にそれを持参していただくと、イメージがスムーズに伝わり計画が効率的に進みます。

 設計の中で基本設計に一番時間が掛かります。
 
資金的なこと
 建物や土地の代金の他にどんなお金が掛かるか把握することです。
 税金の話しや融資の話し、建築相談から竣工までの流れを参考にしていただくと助かりますが、
 税金にはどんなものがあり いくらぐらい掛かり、銀行からどの金利でどれくらいお金を借りたら
 よいのか、またどのタイミングでお金を支払わなければならないのか等を把握することです。
 建物プランも大事ですが夢を実現するためには資金計画も大事です。
 資金計画もご相談になれます。
 不安がらず善は急げです。
 3.建物の工事費の大まかな内訳   例えばハウスメーカーや工務店の建物工事費が2000万円の建物があったとします。
 見積書の中には設計費という項目が無くても、設計を行って確認申請をして建物が建てられる
 わけですから、設計費分 がどこかに含まれていますし、広告費や営業マンの人件費等も
 含まれていると考えることもできます。
 設計事務所に設計を依頼すると建物工事費2000万円に設計監理費が
別に掛かると誤解されがち
 ですが、
工事費から設計費を差し引いて工務店に見積をしてもらうことになります。

 ハウスメーカーや工務店の建物工事費2000万円の中には、建物代金が1800万円に設計費や
 広告費や営業マンの人件費200万円 合計で2000万円と考えることもできます。

 設計事務所に設計監理を依頼しその費用180万円 工務店の建物代金が1820万円
 合計で2000万円。(広告を出さず営業マンをおいていない工務店の場合)
 
 建物は同じものではなく、代金はそれぞれの建設会社や設計プランや仕様や床面積によって
 変わります。大まかなイメージとしてお考え下さい。
 4.設計監理業務報酬や支払時期は
  相談に応じます
  設計監理業務報酬額 税込み (設計費のことを建築士法ではこのように言います)は
 建物の構造 規模 にもよりますが、
 
建物の工事請負代金額 税込み の10%頂きます

 当事務所を信頼していただき、他の事務所との競合が無ければ報酬額はご相談に応じます。
 支払いの時期も自己資金や銀行融資等の兼ね合いからご相談に応じます。
 5.建築に対する情熱
  
  建築に対する情熱は誰にも負けません
 
情熱がありすぎて職人さん方に煙たがれるのが玉にキズですが。

                        Copyright(c) 2012 Zenjirou Miura Design Office All Rights Reserved.